企業情報 CORPORATE

TOMAS TOKYO BOEKI GROUP

『“つながる工場”の現状と課題』IoTホワイトペーパーを公開しました(無料)

タイトル:「つながる工場」のゴールは?
     IoTによるスマートファクトリー化の考察ポイント

今どこの会社でも実現したいが具体策を考えあぐねているIoTシステム構築。
テービーテックでは『“つながる工場”の現状と課題』ホワイトペーパーを無料公開しました。
タイトルは『「つながる工場」のゴールは? IoTによるスマートファクトリー化の考察ポイント』です。
IoT構築事例などが紹介されています。ぜひダウンロードされてご確認ください。

【 要旨 】

製造業においても注目度の高いIoT。ただし、スマートファクトリー化は手段であり、それ自身は目的ではない。
それを念頭に置くと自社の工場カイゼンでは何をすべきなのか、システムソリューションだけで完結するものではないことが視えてくる。

御社では、IoTの取り組みに対して「ゴール」は描けているだろうか?
スマートファクトリー化、IoTへの取り組みとして他社事例を参考に進めるとしても、自社としての目的をハッキリと持つ必要がある。設備故障予兆管理が目的なのか、品質向上なのか、その描くゴールによって対策は横並びではない。
また、設備データ取得を中心としたシステムソリューションに注目が行きがちだが、生産の基本変化点の4M要素Man(人)、Machine(設備)、Material(材料)、Method(手法)は同時に押さえるべきである。

本資料では、自動車製造業を中心にコンサルティング携わってきたテービーテックから、短期的な費用対効果が期待しにくいスマートファクトリー化において、どこに重点を置きどのように取り組むべきかを、事例を交えて紹介する。






お問い合わせ